読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒いゆめ、白いよる

NEWS

 BYAKUYA is YABAI
 事件は現場でも起こってるけど、とりあえず今日の事件は小プレで起こってるんだ!!
 
 ことの起こりは10月19日。現場はさきほども言ったように月1のお楽しみ少年倶楽部プレミアム。
 そこでBYAKUYAが、あのBYAKUYAが公開されてしまう。
 曲目が出ただけでも十分大事件だったのに、というか普通に歌っても十二分に一大事件だったと思うのに、とんでも演出をかましてくれたおかげで私の脳では延々と「びゃ!く!や!」と鳴り響いています。
 そんな改めてBYAKUYAをこじらせてしまったのでそのこじらせのまま書いてたらBYAKUYAぼめレポートが生まれてしまったのでそっと置いておこうという運びです。

 まず前提として確認しておきたいのがWHITEにおけるこの曲の異彩の放ち方です。
 WHITEはその名の通り「真っ白な世界をそめあげる」がテーマになっており、セット・衣装。楽曲どれをとってもどこか色彩を感じるものは多くあります。

 BYAKUYAに至るまでの衣装でも、白→白基調三原色→ヒョウ柄(黄色と黒)→赤→ピンクと多彩な色が使われており、それはソロ曲においても同様です。しかし、ここまで黒を基調とした衣装はなく、BYAKUYAでいきなりばん!とあの黒い衣装を着た四人が現れる。
 アルバムのタイトルとは真逆の衣装、正真正銘の真っ黒。そのインパクトたるや。
 またWHITEの中ではWEBLACKとの闘い、という一つの物語が存在しています、名前の通り真っ黒に世界を染めようとしている彼ら(人じゃないかもしれない)にとって黒という色は特別な意味合いを持つだろう。その色を全身に身にまとう衣装はWEBLACKへの降伏にもにた行為のようにも見えます。まぁ俗にいう闇落ちです。 アニメや漫画などを見ても主人公闇落ち展開は多々見られますが、そのどれもがやはり大きな山場であり、非常に特殊な回になりえます。
 そういう意味でもWHITEにおけるBYAKUYAは一つの山場であり、特殊な立ち位置なのかなと思うわけです。

 前提を長々と話したところで本題に入りましょう。

白から黒へ、黒から白へ
 前提でも話しましたが、ある意味この楽曲の異彩の放ち方はあのWHITEという物語の中だからこそ、という点はあると思うます。
 しかし小プレにはその文脈が存在しない。下手をすればちょっとゴシックかっこいい曲、というだけで終わってしまいかねない。
 そのネックを打ち崩したのがこれです。

f:id:fumiko0w0:20161022003051p:plain

f:id:fumiko0w0:20161022003013p:plain

 大サビ手前の衣装チェンジ。
 それまではステンドグラス・蝋燭・十字架のようなステージ、そして全身真っ白な衣装。どこか清廉で教会のようなイメージを受ける演出でした。
 正直、BYAKUYAといえば真っ黒という印象はあっただけにこの真っ白衣装でも度肝を抜かれたのですが、まさかそれをひっくりかえしてくるとは思わなかった。
 あのカーテンが開く間にいったい何が、と問いただしたくなるレベル。
 あのWHITEの中でしか存在しえなかった文脈を簡易的にとはいえ、たった一曲の中で再現してしまったのは圧巻の一言です。

落ちる先はどちらなのか
 堕ちるというとその先にあるものを想像すると多くの人が暗闇を思い浮かべるのではないでしょうか。よくつかうほうの「落ちる」のイメージもあるかもしれません。落ちるには高低差が必要で低いところはどうしても高いところよりも暗くなってしまう。
 またこっちの「堕ちる」に関しても堕天使の翼はたいてい黒く描かれますし、闇堕ちという言葉があるように堕ちる先は闇です。
 BYAKUYAの歌詞にも何度か「堕ちる」という単語が出てきます。しかしこの場合の堕ちる先として示されているのは「白い夢」です。堕ちる先が黒ではなく白。
 ここで一度タイトルを見ることにします。BYAKUYA、すなわち白夜。白夜は夜だというのに暗くなることなく、空が明るいままの現象を差します。
 白夜において白い場所は空です。歌詞の中でも空は満月・白昼の光・照らし出すWhite Nightと空が暗いようば描写はほとんどありません。
 ということは堕ちる先は底ではなく、空なのかもしれない。ちょっとロマンチックですが、破滅感は半端ない。
 あと「君と堕ちた白い夢」の歌詞が出てくる部分が全て白い衣装で踊っています。その衣装で「堕ちた白い夢」なんて言われると「こっちまで落ちておいで」と言われてる気もしてどきどきしますね!(満面の笑み)

裏表なのか、平行世界なのか、それとも
 小プレ版とWHITEでは当然展開が違うわけですが、この二つの物語はどうなのでしょうか。
 NEWSがあの時WEBLACKに負けてしまうというパラレル世界なのか、それともWEBLACKにいるという裏の世界なのか。はたまた一切関係のない世界なのか。
 個人的には小プレ版とWHITEが地続きだったらいいなぁと思います。WHITEではあの黒い衣装を身にまとう経過はなかったのでそこの補完、どうして黒の衣装を身にまとうのか。その理由に当たる部分が今回だと面白い気もします。


 ここまで好き勝手語ってきましたが。こういった中二要素も掻き立てられつつ、NEWS全員の歌が光る楽曲でもあるので諸々引っこ抜いてもいろんな人に聞いてほしいです。
 ていうかこんなことされてオタクが嫌いなわけないじゃんね!!さんきゅー小プレ!!バンビーナもよろしく!!

 

追記(10月31日 20:57)

事件はハロウィンでも起きてた……。え!?ありがとうハロウィン!!今までの人生でハロウィンなんて超引きこもりには関係のない季節イベントだと思ってたけど今年から毎年祝うね!!手始めに家にあるお菓子を食べます!(ハロウィンとは)

小プレ同様、文脈は存在しない中での演出でしたが、小プレ版が簡易的に「白から黒へ」というストーリー性を持たせたのに対してハロウィンであることも相まって「最初から(立場的に)黒」」であるというのが最高だと思いました!あと気合が入りすぎてる手越さん超愛しい。季節を楽しむ日本人の鏡だね!ハロウィン海外の行事だけど!

何はともあれハッピーハロウィン!!