読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月5日のKちゃんNEWSのおもひで

個人的に色々ドツボを突かれまくった回だったので、備忘録的に。
結構ざっくり打ってるので聞き間違い、簡略化してる部分も多分ある。ていうかある。

 

お手紙
「ふと疑問に思うことがあるのですが、それは何十万人の人から好かれるってどういう気持ちなんでしょう」

小「どうなんですか。やっぱり手越さん何十万人からもね」
「そうっすね、やっぱり僕が目指しているのは何十万人とかっていう単位じゃなくて、やっぱ億ですから。億単位でやっぱりいきたいと思います
「ということはまぁ日本の人口は超えていくわけだよね」
「いやまぁそうっすね。日本超えてやっぱり世界っていうとこ見てますからわたくしは」
「こいつなんも考えてない」
「いやいいんですいいんです。僕にとっては味方のみである必要はないんですよ。味方も敵も込みで一億人。いや億。億兆京垓ジョ、穣・溝・澗・正・載・極・恒河沙阿僧祇那由他・不可思議・無量大数でお送りしたいと思いますけども」
「うるさくない?この人」
「お送りしたいと思いますけども」
「うるさくない?俺、小島よしおさんと絡むより手越のが大変だもんね」
「いや俺も、このKちゃんNEWSまじ疲れるよ。俺、テゴマスでもラジオやってるんだけど疲れねぇもん。こんなに」
「まぁまぁ僕らのラジオは、俺と手越の共通のメンズファンが多いからね」
「メンズに受けるラジオをね、作りたいと思ってお送りしておりますから」

お手紙
「手越の目には男性ファンは映っていないんでしょうか」
若干食い気味に「うれしい」って言ってたのがかわいい。

「確かに今回のQUARTETツアーは男性多かったですよ。まだね、ちょこちょこしか男性が来てくれてない時も俺絶対メンズって言ってるからね。俺、男にこられるの、街中とかでもさ、話しかけられるの超嬉しいよ」
「嬉しいよ」
「今日もさ、サッカー午前中やってたんだけどさ。次の、俺らが二時間使った後のさ、子たちがさみんな来てくれるわけよ。手越君ですよねーって。嬉しんだよね、男の子にこられるの」
「お前、昨日24時超えて仕事してて午前中サッカーやってんの」
「そうっす」
「すっげぇな、どっちかっていうとそっちのがびっくりした今日。……いや男子ファンはね、今回本当に多かった」
「俺、絶対反応してるよ男子ファン」
「そうそう、だからメンズっていったらウォォォって多かったもんね」
「俺、大体メンズには親指たててくから。見えてるよオッケーィつって。ありがとうっつって」
「女の子のファンの子にサービスするより、男のファンにするのはちょっと変わるよね」
「違う違う、やっぱり」
「女の子はやっぱり投げキッスしてとかお手ふりしてくださいみたいな」
「いかにやっぱり女の子は興奮させるかが勝負ですから」
「興奮……?」(純粋に疑問そう)
「興奮冷めやらぬ中、家に帰って、みたいなとこありますから」
「……?」
「いや家に帰って、僕らのこと妄想しながら」
小「ああ、DVD見て」
「思い出してもらいながら家に帰ってみたいなとこありますから」
「びっくりしちゃった今ちょっと」
「いやいや!コンサートで終わりじゃないよっていうね!余韻が」
「女性ファンは手越にとってハニ―、彼女っていう感じで行くんだったら。男性ファンは手越にとってなんなんですか」
「ダーリンじゃない?」
「あ、ダーリン。え?お前、ハニーにもなれんの?」
「なれるよ」(すごいさらっといいやがった)
「すげぇな?」
「俺もう二刀流だから、ある意味」

「どうですか手越さん。やっぱりアイドル界の世界をけん引してる手越さんからすると」
「僕もやっぱり結果主義だから、何を言われようととやかく言われようと結果出す自信ありますから。まぁ問題ないですね。批判されても」
「だからまぁ、アイドル界でもしPKを外したとしても、外したことになんないわけでしょ」
「いや、外したことを翌日記事で取り上げてもらったら。ほら、俺のことどうせ好きなんでしょ、ってなるわけですよ」
「こいつは引退しないぞ。当分しないぞ」
「僕はやっぱり現役にこだわりたいなと思いますけどね」


木原さんと手越さん

「今日もさ、ここ来るときにさ日テレの駐車場でぱらっちと一緒だったんだけどさ。だから言っといた。本当に手越が好き好きうるさいんですよ、っていったら木原さんもね、喜んでるよ」
「ほんと?……ぱらっち一位になった?ついに」(この「ほんと?」の言い方がすごい幼い感じがしてかわいかった)
「一位」
「出ました、ぱらっち。ぱらっち防衛戦に挑むわけですね、この後」
「そうだよ。ぱらっちこの後、不動になる可能性あるからね」
「いやもうお天気キャスターっていったら僕の中でぱって思い浮かぶのはぱらっちですから」
「ぱらっちさ、俺らが小さい時から当たり前にいたよね!?よく考えたら」
「そこにあのさ。黄色いデブがさ」

f:id:fumiko0w0:20160706220806p:plainデブ……?


「デブ…うぉーい!ソラジロォォォ!」
「参加してきて」
「太っちゃったわけじゃないんだよ」
「糖分のとりすぎかーいうて。飲んだ帰りにラーメンかーいうて」

 

個人的な余談

本気でアマゾンで催眠術の本を買おうとしたのは内緒だぞ☆(おすすめの商品に並ぶ催眠術本を眺めながら)